自動車保険を安くするポイントB車選び・車両保険を考える
<損害保険に関する解説>

自動車保険を安くするポイント
B車選び・車両保険を考える

前ページで車両料率クラスのことを書きました。車両料率クラスの低い(保険料の安い)車だったとしても車両保険はやはり高く感じてしまいますね。できればもう少し安くおさえたいと思う人も多いでしょう。すでに知っていらっしゃる方も多いと思いますが、もう少し安くするには2つの方法があります。

1.「エコノミー(車対車)+A特約」、もしくは「エコノミー」に加入する

車両保険には大きく分けて3種類あります。

「一般車両保険」
車両保険の中で一番補償があつい保険です。7種類(「他車との衝突・追突・接触」、「台風・洪水・高潮」、「盗難」、「落書き」、「火災・爆発」、「当て逃げ」、「自損事故」)が 補償範囲に含まれます。保険料はかなり高くなりますが、ほとんどの車両の損害に対応してくれます。

「エコノミー(車対車)+A特約」
「一般車両保険」の補償から自損事故と当て逃げをはずしたものが補償の対象になります。つまり、自損事故と当て逃げは補償されないのですが、それ以外のほとんどの損害は対応できます。

「エコノミー」
一般車両保険に比べるとかなり保険料が安くなります。ほかの車との事故の場合だけが補償の対象になります。

表にするとこんな感じです。
補償される範囲 一般車両保険 「エコノミー+A特約」 「エコノミー」
単独事故 × ×
ほかの車との事故
当て逃げ × ×
火災、盗難、落書き、浸水などの災害 ×


「エコノミー(車対車)+A特約」や「エコノミー」にすれば保険料は安くなりますが、補償の範囲は狭くなりますので、そのへんを考えて決めたいところですね。

2.「免責」の金額をあげる
車両の保険料を安くするもうひとつの方法は「免責」の金額をあげることです。
「免責金額」とは契約者が自己負担しなければならない金額のことです。 「免責金額」を5万円にした場合、事故で修理代が70万円かかった場合、5万円を引いた65万円の保険金が支払われることになります。 この免責金額を10万円とか15万円など高めに設定するのです。
このように免責金額を高く設定すると保険料が安くなります。けれども、小さな事故などの修理は自己負担となってしまいます。
また、例えば免責0-10万円を5-10万円に変更すれば少し安くなります。
0ー10万円とは
1回目の事故のときは自己負担0円、2回目自己負担10万円ということです。
5ー10万円とは
1回目の事故のときは自己負担5万円、2回目自己負担10万円ということです。

もちろん初心者や事故を起こしやすい人は0ー10万円のほうがよいかもしれません。

免責金額も、保険料と免責金額を比較しながら自分が納得した金額に設定するとよいでしょう。

自動車保険を安くするポイントC自動車保険一括見積もりサービスを利用する

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る