自動車保険を安くするポイントA車選び・車両料率クラスを考える
<損害保険に関する解説>

自動車保険を安くするポイント
A車選び・車両料率クラスを考える

保険料をなるべく安くするには、前ページのように割引や条件をうまく活用するといいですね。そしてさらに車そのものを考えてみるのもいいと思います。

車両保険は自分の車が事故などで損害を受けたときに修理代などが支払われる保険です。車両保険の場合は保険金額を自分で決めることはできません。保険の金額はそれぞれの車の年式や型式によって「時価」が保険会社であらかじめ決められています。それによって保険料も変わります。
それから「車両料率クラス」があります。時価が同じだったとしてもどの車も保険料が同じにはならないのです。車両保険では車種ごとに料率を細分化しています。料率は事故率や損害率などで決められます。これは1年ごとに見直され、1〜9のクラスに分類されます。1が一番安く、数字が大きくなるにつれ高くなっていきます。1クラスと9クラスでは約4倍ぐらい保険料が違ってきたりします。また、車種が同じでもグレードで車種が変わる場合もあります。
これから車を購入しようと思っている人や買い替えを考えている人はこの辺も考えてみるといいですね。
車両料率クラスは、自動車保険の一括見積もりサービスのサイトでもチェック可能です。

保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求!

自動車保険を安くするポイントB車選び・車両保険を考える

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る