リスク細分型保険とは?
<損害保険に関する解説>

リスク細分型保険とは?


「リスク細分型保険」は1998年7月に保険料率が自由化されると、外資系の保険会社が始めたものですが、現在では国内系の損害保険会社などでも取り入れられています。 保険の自由化前も車種やドライバーの年齢、事故歴などによって保険料は異なっていました。
それが自由化以降、さらに細分化されました。「リスク細分型」とは事故を起こすリスクの低い優良ドライバーの保険料を安くしたものです。現在は次の9項目を使用することが法的に認められています。
年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況(年間走行距離など)、車種、安全装備(エアバッグ・ABS・衝突安全ボディなど)、所有台数、地域、の9項目からリスク(事故にあう確率)により保険料を計算します。
この要因は同じリスク細分型でも、各社で異なります。どの会社の保険が自分にとって最も安くなるかは、見積もりを取って比較してみないと分かりません。

保険の窓口インズウェブ 自動車保険一括見積り請求でもれなく500円ギフトカードをGET!

保険スクエアbang【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり

自動車保険を見直そう!


生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

*自動車保険のお役立ちサイト】

自動車保険一括見積り請求で500円マックカードレゼントをGET!

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!