自賠責保険とは?
<損害保険に関する解説>

自賠責保険とは?


交通事故の被害者が最低限の補償を受けられるようにするため、すべての車に加入が義務付けられています。 そのため自賠責保険は強制保険ともいわれます。

もし運転中に事故を起こし相手にケガをさせてしまった場合、相手に賠償保険金が支払われます。けれども被害者に支払われる賠償金 の限度額は、
1つの事故1名につき
死亡 3000万円
重度の後遺障害 4000万円 
けが 120万円
 
までと決まっています。

相手が軽いケガだったら賠償保険金で補うことができるかもしれません。 けれども、相手が死亡したり、後遺障害が残った場合、 賠償額が1億円を超えることもあります。 自賠責保険の3000万を差し引いた残り7,000万以上を自分で支払わなければなりません。つまり、「自賠責保険」の3,000万円 の補償では全然足りないということになります。また、支払いの対象になるのは事故で被害を受けた人です。事故を起こした運転者自身 のケガや自分の車の損害には支払われません。 また自賠責保険の補償範囲は人身に限られるので、物損(相手の車や物に与えた損害) などに対しての補償はないのです。

また、「自賠責保険」は、相手にケガを負わせたり、死亡させたりした場合だけの、最低限の補償です。自分の車や 相手の車の損害、自分自身や同乗者のケガ、自賠責保険を超える額の補償が必要な相手のケガは補償されないのです。
それではどうすればよいのでしょうか?



任意保険とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

*自動車保険のお役立ちサイト】

自動車保険一括見積り請求で500円マックカードレゼントをGET!

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!