地震保険に入るメリット・デメリット
<損害保険に関する解説>

地震保険に入るメリット・デメリット

地震保険にはいるメリット
地震保険に入るメリットは、実際に地震や地震などによる津波が原因で発生した火災、倒壊、流失などの損害がでた場合に補償されるということです。また、精神的に「地震保険に入っているから大丈夫。」という安心感がえられます。

地震保険にはいるデメリット
地震保険の契約金額は、「火災保険の保険金額」の30%〜50%に相当する額の範囲内と決められています。また、建物5000万円、家財1000万円が限度となっています。ですので、実際に地震などで家が損害にあっても、とても同じぐらいの家を新しく建て直すほどの金額はおりてきません。また地震保険の保険料は火災保険に比べて割高です。

ポイント
地震保険にはいるメリット、デメリットをよく考えて加入するかどうかを検討しましょう。

地震保険の保険料は火災保険に比べて割高です。しかし、地震が頻発しているいま、少しでも安心を得るためにも地震保険への加入 は検討しておきたいものです。

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

*自動車保険のお役立ちサイト】

自動車保険一括見積り請求で500円マックカードレゼントをGET!

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!