地震保険とは?
<損害保険に関する解説>

地震保険とは?

火災保険に入っていても地震による火災によって生じた損害は補償されません。そのため地震による火災の補償をえるためには地震保険に加入する必要があります。火災保険に加入しないで地震保険だけを契約することはできません。

火災保険に、「地震保険」をセットで契約することによって、地震、噴火またはこれらによる津波が原因で発生した火災、倒壊、流失などの損害が補償されます。 大きな地震が起きると一度に多額の保険金支払いが必要となる可能性があることから、政府が一部を保証するようになっています。そのため、保険の内容はどこの損害保険会社で契約しても同じになっています。(オプションで補償を手厚くした商品はあります)

地震保険の契約金額は、「火災保険の保険金額」の30%〜50%に相当する額の範囲内で、任意に設定できます。けれども、建物5000万円、家財1000万円が限度となります。

地震保険の保険料は、「場所」と「構造」により決まります。「場所」は都道府県を地震の起こりやすさを基準に1等地から4等地に分けられています。「構造」は「鉄筋コンクリート造」か「木造」かです。つまり、「等地」と、建物の構造(木造・非木造)によって決められた料率に保険金額をかけて計算されます。
また、耐震性の強い建物には「耐震等級割引」として保険料が10〜30%の割引があります。

等地表   (数が多いほど危険度は高くなり保険料も高くなります。)
1等地 北海道、福島県、島根県、岡山県、広島県、山口県、香川県、福岡県、佐賀県、鹿児島県、沖縄県
2等地 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、山梨県、鳥取県、愛媛県、徳島県、高知県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県
3等地 埼玉県、千葉県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
4等地 東京都、神奈川県、静岡県

保険金として支払われる額は、地震によって「全損」した場合は「契約金額の100%」、「半損」で50%、「一部損」で5%です。

地震保険の保険料は火災保険に比べて割高です。しかし、地震が頻発しているいま、少しでも安心を得るためにも地震保険への加入は検討しておきたいものです。

地震保険に入るメリット・デメリット

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

*自動車保険のお役立ちサイト】

自動車保険一括見積り請求で500円マックカードレゼントをGET!

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!