火災保険に入るポイント
<損害保険に関する解説>

火災保険に入るポイント


火災保険は「建物」と「家財」があります
火災保険は通常、建物にかける保険です。そして、忘れがちなのですが家財にも火災保険をかけることができます。
「家財」も補償の対象にしたい場合は「家財」についても「建物」とは別に申し込む必要があります。もし「建物」のみを契約した場合には、「家財」の損害の補償はされないので注意が必要です。
ただし通常、30万円以上の高価なもの(宝石、貴金属など)は補償の対象にはなりません。高価な物を補償の対象にしたいときは、その物の名前を明記して申告する必要があります。保険金額は適正な価格で設定しましょう

火災保険の保険金は、原則として保険を掛けた時の建物の評価額(時価)を基本にして計算されます。なので火災保険の契約金額が時価を下回っていた場合は、契約金額の時価に対する割合によって計算されてしまうので、契約金額が損害額を上回っていても、損害額より少ない保険金しか受け取れないことになります。
例えば1,500万円の時価額のある建物に1,000万円の火災保険契約がかけられていたとします。この場合、時価いっぱいに掛けられているわけではないので「 一部保険」ととなり、万一火災にあった場合の保険金額は「比例てん補」により支払われます。
全焼となった場合、保険金が1,000万円しか支払われません。少し燃えて150万円程度の被害がでた場合でも、それに比例して100万円しか保険金が支払われないということになります。
このようなことにならないように、必ず契約金額を時価いっぱいに設定しましょう
できれば価額協定保険特約をつけるとよいです。この特約をつけると、保険金の計算基本が時価ではなく、再調達価額となります。再調達価額とは、損害を受けた同じ建物や家財を新しく購入するのに必要な金額のことです。つまり、損害を受けた家と同水準の家をもう一度建てたり、同じ家財を購入できる補償がされるのです。
保険料は割高になってしまいますが、火災や災害で家を失うリスクを考えると、つけておきたい特約といえるでしょう。

ポイント
「家財」にも火災保険を掛ける。
契約金額を時価いっぱいに設定する。
価額協定保険特約をつけるとよい。


地震保険とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

*自動車保険のお役立ちサイト】

自動車保険一括見積り請求で500円マックカードレゼントをGET!

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!