火災保険とは?
<損害保険に関する解説>

火災保険とは?

住宅などの建物やその中の家財は、火災などによって損害が生じる危険にさらされています。この危険を補償するのが火災保険です。 火災保険には、住宅災害保険、住宅総合保険、団地保険などがあります。

火災保険
おもに火災、落雷、爆発、風、ひょうなどによる損害を補償する保険です。「住宅総合保険」より安くなっています。

<住宅総合保険
住宅火災保険より補償範囲が広いです。「住宅火災保険」の補償内容に加えて、自動車の飛込みなどによる落下、衝突、飛来などや台風や豪雨による水害、水漏れ、盗難などによって発生した損害を補償する保険です。

<団地保険>

マンションなどの共同住宅向けのものです。団地保険は、住宅総合保険の補償内容に、さらに傷害保険や賠償責任保険などが付加されているが、保険料は一般的に住宅総合保険よりも安い。

ポイント
最近では各保険会社から「住宅総合保険」を基本に、加入者の要望に合わせたさまざまな火災保険がたくさん登場しています。 また、火災保険は「地震を原因とする火災での損害」や「地震によって延焼・拡大した損害」については補償されません。地震被害の補償のためには地震保険を付帯させておく必要があります。

→火災保険に入るポイント

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

*自動車保険のお役立ちサイト】

自動車保険一括見積り請求で500円マックカードレゼントをGET!

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!