定期保険とは?<生命保険の基本>

定期保険とは?


<死亡保険・・・定期保険、終身保険、変額保険>

定期保険死亡保険のなかで代表的な保険です。
定期保険は一定の保険期間内に死亡したときに死亡保険金が支払われる保険です。貯蓄機能はなく、保険料は掛け捨てです。死亡保障だけを目的としているので、その分保険料が安くなります。
支払いは全期型と更新型があります。
全期型・・・途中で更新がなく保険料の支払額がずっと一定の保険です。
更新型・・・一定期間ごと(10年ごとなど)に更新していく保険です。

更新後の保険料は、更新時の年齢で再計算することになるので、保険料が高くなります。とくに申し出がなければ自動更新されます。
定期保険の保険料は掛け捨てですが、「長期の定期保険」もあり、解約払戻金の出るタイプもあります。
また、保険料が年々少しずつ減っていくタイプの「逓減定期保険」や、反対に少しずつ増えていくタイプの「逓増定期保険」などもあります。

定期保険のポイント
期間が決まっています
満期保険金はありません
保険料は安いです


終身保険とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

【生命保険のお役立ちサイト】



女性入院保険『フェミニーヌ』