終身保険とは?
<生命保険の基本>

終身保険とは?

<死亡保険・・・定期保険、終身保険、変額保険>

終身保険は定期保険と同じように死亡保険に分類されます。
死亡したときに支払われる保険で、保険期間は一生保障続きます。必ずいつかは支払われるので保険料は高くなります。保険料が積み立てられるので、ある程度の期間が過ぎれば解約して解約返戻金を受け取ることもできます。
また、保険料の払い込みが終了すると、死亡保障の代わりに老後の年金や介護保障などに保障の内容を変更できる場合もあります。高齢者で加入する場合は保険料が高いため、終身払い込みを利用する人が多いようです。

払い込み方法は「有期払い込み」と「終身払い込み」の二種類あります。
有期払い込み・・・「60歳まで」など、一定の年齢で保険料の支払いが終わります。
終身払い込み・・・一生保険料を払い続けます。


定期付き終身保険
終身保険の代表的なものに定期付き終身保険があります。主契約の終身保険に、一定の期間だけを保障する掛け捨ての定期保険特約をつけたものです。比較的よくある種類の生命保険です。定期保険と同じように全期型と更新型があります。
定期付き終身保険で注意しなければならないことは、保険料の払込が終わると(60歳や65歳など)、定期保険の保障がなくなり、終身の部分しか保障が残らないことです。60歳や65歳になると、保障が100万や200万になるような場合もあります。また、定期保険についていた医療特約も終了してしまいます。 更新すれば保障を継続することもできますが、年齢が高くなった分保険料が上がります。
なので、定期付き終身保険を契約するときには、終身保険の部分をできるだけ高額にしたほうがよいでしょう。

終身保険のポイント
保険期間は一生涯です
満期保険金はありません
保険料は高いです


変額保険とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

【生命保険のお役立ちサイト】



女性入院保険『フェミニーヌ』