生死混合保険とは?
<生命保険の基本>

生死混合保険とは?


生死混合保険とは死亡保険と生存保険を組み合わせたものです。
被保険者が保険期間中に死亡、または高度障害状態になった場合には死亡または高度障害保険金が支払われます。また、 保険期間の満了まで生存していたときには満期保険金が支払われます。
つまり、保険期間の間に亡くなった場合も、保険期間が終わったあとに生きていても同じ金額のお金を受け取ることができます。
死亡保障と貯蓄の機能を兼ね備えているのです。養老保険などがこれにあてはまります。

養老保険とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

【生命保険のお役立ちサイト】



女性入院保険『フェミニーヌ』