個人年金保険とは?
<生命保険の基本>

個人年金保険とは?


<生存保険・・・個人年金保険、子ども保険など>

個人年金保険は、保険料を一定の期間払込み、それを積み立てていき、契約時に決めた年齢になると、年金が受け取ることのできる保険です。また、保険料を支払っている期間に亡くなった場合は死亡給付金を受け取ることができます。でも、その金額はすでに払った保険料ぐらいなので、死亡保障の機能はほとんどありません。けれども、定期保険特約などをつければ死亡保障をすることもできます。
厚生年金や国民年金などの公的年金の給付金は切り下げられる方向に向かっています。この不足分を補う老後の生活資金を準備するための保険といえます。
個人年金といっても、以下の表のようにさまざまな種類があります。自分に合ったものを選びましょう。

終身年金 年金受取人が死亡するまで年金が支払われます
保証期間付終身年金 保証期間中は被保険者が死亡した場合、年金が支払われ、保障期間後は生存しているかぎる年金が支払われます
確定年金 年金受取人の生死に関係なく、一定期間の間年金が支払われます
夫婦連生終身保険 主の年金受取人(普通は夫)が死亡すると従の年金受取人(妻)に年金が支払われます
有期年金 契約で定めた期間で、被保険者が生存している期間に年金が支払われます
保証期間付有期年金 保証期間中は被保険者の生死に関係なく年金が支払われ、その後は契約で定めた期間で、被保険者が生存している期間に年金が支払われます

→子ども保険とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

【生命保険のお役立ちサイト】



女性入院保険『フェミニーヌ』