生命保険と税金
<生命保険の応用知識>

生命保険と税金


生命保険で受け取るお金は大きく分けて死亡保険金、満期保険金、個人年金の3種類にわけることができます。被保険者と受取人を誰にするかによって、保険金を得たときにかかる税金は変わってきます。その辺を考えて誰を受取人にするのか決めましょう。

満期保険金の税金
保険料の支払人と保険金の受取人が同じ場合
一時金で受け取る場合は、所得税と住民税がかかります。年金で受け取る場合は、所得税と住民税がかかります。
保険料の支払人と保険金の受取人が異なる場合
贈与税がかかります。

死亡保険金の税金
保険契約者と被保険者が同一人物で、保険金受取人が相続人であった場合
例えば保険契約者(夫)が被保険者(自分)に保険をかけ、保険金受取人が相続人(妻)であった場合、相続税がかかります。
また、保険金受取人が相続人にあたる場合は非課税適用があります。
その非課税枠は、「500万円×法定相続人の数」となります。

保険契約者と被保険者が同一人物では無く、契約者と受取人が同一人物の場合
例えば保険契約者(夫)が被保険者(妻)に保険をかけ、保険受取人(夫)の場合、所得税と住民税(一時所得)がかかります。
課税対象額は「(受取額−払込保険料−50万円)×1/2」となります。


保険契約者・被保険者・受取人全てが異なる場合
例えば夫(保険契約者)が妻(被保険者)に保険をかけ、子供(保険受取人)は、贈与税がかります。
贈与税の課税対象額は「受取額-110万円」となります。

個人年金の税金
・保険料の支払人と保険金の年金受取人が同じ場合
毎年雑所得がかかりますが、その分に相当する保険料は経費として差し引けます。
・保険料の支払人と保険金の年金受取人が異なる場合
年金の受け取りが始まる時に贈与税がかかり、贈与税を払った後も毎年雑所得として、所得税・住民税の課税対象となります。

保険に加入した時の税金
年末調整か確定申告で生命保険控除を申請をすると、所得税と住民税が軽減されます。

生命保険の税金のポイント!
税金の対象は相続税が一番優遇され、次に所得税、最後に贈与税となります。なので、保険に入る場合はなるべく相続税になるように保険に加入した方が賢明です。


告知義務違反とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る