生命保険の会社が破綻したら?
<生命保険の応用知識>

生命保険会社が破綻したら?


もし、自分の加入している保険会社が破綻してしまったら、それまでに払い込んだお金や保障はどうなるのか心配になりますね。

そのために1998年12月に「保険契約保護機構」が設立されました。これにより保険契約者の保険金が守られます。国内で営業しているすべての保険会社が加入しています。その保険を引き受けてくれる会社(救済会社)が現れればその救済会社が、救済会社が現れなかったらこの「保険契約保護機構」が保険契約を引き継ぎます。

けれども、保障内容は、責任準備金の90%までです。責任準備金とは、将来の保険金を支払うために保険会社が積み立てている資金のことです。ですので死亡保険金や入院給付金も減額されることになります。

また、契約を引き継ぐ会社の負担を軽くするため予定利率も引き下げられます。定期保険は影響ありませんが、養老保険や終身保険はおおきな影響を受けます。
終身保険の場合、破綻後の保険料払込期間や運用期間が長いので、保障額が大幅に減ることもあります。また、利率の高いときに加入した保険ほど影響があります。

また、解約による資金の流失をおさえるため、破綻した後、ある一定の期間に解約すると解約返戻金を減額されてしまいます。

ですので、万が一保険会社が破綻しても保険金や保障は守られますが、もらえるお金が少なくなりますので安心できる保険会社を選びましょう。

保険会社を選ぶポイント
保険会社が破綻しそうかどうかを見極める手がかりとして「ソルベンシーマージン比率」があります。「ソルベンシーマージン」は「予測を超えるリスクに対しての支払能力を示すもの」です。一般に、この数値が200%以上あれば安心できるといわれています。けれども、ソルベンシーマージン比率が200を超えていた千代田生命保険も(現AIGスター生命)破綻してしまいました。なので、ほかに ムーディズS&Pなどの「格付け」やマネー雑誌などを参考にするのも一つの方法です。

生命保険と税金


生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

【生命保険のお役立ちサイト】



女性入院保険『フェミニーヌ』