生命保険を見直す具体的方法
<生命保険の応用知識>

生命保険を見直す具体的方法

現在の保険内容を十分に確認する
保険を見直すには、まず現在入っている保険の内容を十分に理解することです。
。どんな保険に入っているのかよくみましょう。
そして現在の保障内容に不満や変えたいところがあるのならそれをはっきりさせましょう。例えば、死亡保険金が少ないので増やしたい。逆に多すぎるので、減らして保険料負担を軽くしたい。などです。

目的に合わせて保険内容を変更する
それでは、目的に合わせてどのような生命保険の見直しかたがあるかを紹介します。
現在の契約を解約しないでに見直す方法に「契約転換制度」「定期保険特約などの中途付加」「追加契約」などがあります。

現在の契約を利用して新たな保障内容で契約したい
<契約転換制度>

現在の契約を解約せずに、いままでに積み立てられたお金や配当金などを新しい契約の一部に充当する方法です。
現在加入している保険契約はなくなり、新しい保険に変更されます。保障額の見直しと同時に、保険の種類や期間、付加する特約を変更することができます。
けれども保険料に影響を与える予定利率(保険料の割引料のようなもの)は、現在の予定利率に変更されてしまうため、前の契約と現在の率の違いに注意しましょう。
また、内容によっては転換することで実は損していた、という場合もありますので契約後の保険の内容を十分に理解してから契約転換しましょう。

現在加入の保険の内容を変更したい
<定期保険特約の中途付加
現在の契約の保障内容や保険期間は変えずに、新たな「保険商品」の特約を上乗せして死亡保障を厚くするものです。一般的には新たな「保険商品」は定期保険ですが、終身保険や、養老保険の特約を扱うところもあります。
現在の契約現在加入している保険契約は継続します。追加する特約の保険料はその時点の年齢、保険料率によって計算されます。

<中途増額・減額>
現在の契約の死亡保障を増額したり減額したりする方法です。減額の場合は、減額した分の保険料が安くなります。特約部分だけを減額することも可能です。

<特約の中途付加、変更>
病気やケガの保障を特約として付加する方法です。途中で付加する特約の制限があったりしますので事前に連絡して相談することが必要になります。

<無選択変更制度> 定期付終身保険の終身保険部分の増額と定期特約部分の減額を同時に行う方法です。死亡保障額は変えずに終身保険部分を厚くすることができます。組み替え制度ともいわれています。

新たに新しい保険にはいりたい
<追加契約
現在の保険契約とは別に、新たに保険契約を追加する方法です。現在の保険の保険料に加え、新しい保険契約の保険料も支払うことになります。 新しい契約の保険料はその時点の年齢、保険料率によって計算されます。現在加入している保険契約は継続します。

保険料の払込をやめたいけれど保険はつづけたい
保険料の支払いが困難になった時などに、途中から保険料を支払わずに契約を有効に継続しておきたいという時に、解約をしないで保険を続けるには下記の方法などがあります。払済保険も延長保険も保険料の支払いを中止するため、ついていた特約の保障はなくなります。

払済保険
保険料の払い込みを中止して、その時点の解約返戻金をもとに、もとの保険の保険期間をかえないで養老保険または、変更前と同じ種類の保障額の少ない保険に変更するものです。

延長(定期)保険
保険料の払い込みを中止して、その時の解約返戻金をもとに、もとの保険の保険金と同額の定期保険に変更する方法です。

解約はよく考えて
いったん解約してしまうと契約を元に戻すことはできません。ですので生命保険の見直しの際の解約は、最終手段にしましょう。できるだけ現在加入している保険を生かしながら、見直しを検討するのが望ましいです。
特に予定利率の高い時期に加入している、貯蓄性の高い生命保険(終身保険、養老保険)は、解約しないほうが賢明です。保険料支払いが困難などの理由があればしかたないですが、予定利率の高い保険を持っている方は見直しの際は確認が必要です。

生命保険を見直しをするポイント
保険契約は解約すると元には戻せません。また新たに契約する場合は、契約年齢が高くなり、保険料も高くなります。 健康状態によっては、加入できないこともある。(加入できても通常より保険料が割増されることもある。)  保険契約を解約せずに保険の見直し(保険料、保障額)することもできます。

 

間違えやすい保険用語

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る