生命保険の見直しをするポイント
<生命保険の応用知識>

生命保険の見直しをするポイント


加入している保険の内容を確認しましょう。
生命保険を見直すには、まず自分が加入している生命保険の内容を把握していなければできません。また、把握しているつもりでも、加入してから月日がたっていたりして記憶があいまいになっている場合もあります。保険証券などを見て内容を確認しましょう。

保険金額が適切かを見直しましょう。
その生命保険に加入した時点ではその保障内容は適切であったかもしれません。
けれども、人生の節目を迎えたとき、例えば結婚した、子供が生まれた、、住宅を購入した、離婚した、退職したなどによって必要な保障金額も変わってきます。
例えば、子どもができた場合などは夫の死亡保障をしっかりしたものにする必要がありますし、子どもが成長してきたら死亡保障を減らすとよいでしょう。

新しい保険に切り替えた場合のメリット・デメリット
保険の見直しを検討した結果、新しい保険に入りなおそうと思うかもしれません。

新しい保険に切り替えた場合のメリット
保障内容については、新しい保険商品の方が、今の時代に合ったものが新発売されています。例えば医療保険は、数年前までは「5日目からの入院に給付」というタイプが主流でしたが、今は短期入院が多くなり、医療保険も「1日目から給付」と変わってきています。

新しい保険に切り替えた場合のデメリット
保険は加入時の年齢で保険料が決まっていますので、新しい保険に切り替えると、その分、保険料も高くなります。また、予定利率の高い時期に加入している貯蓄性の高い生命保険(終身保険、養老保険)は、簡単に切り替えるのは禁物です。契約

生命保険を見直しをするポイント
できるだけ現在加入している保険を生かしながら、見直しを検討するのが望ましいです。

→生命保険を見直す具体的方法

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

【生命保険のお役立ちサイト】



女性入院保険『フェミニーヌ』