告知義務違反とは?
<生命保険の応用知識>

告知義務違反とは?

被保険者が、生命保険に加入する時に、現在の健康状態や過去の病歴などの「重要な事項」をありのままに報告する義務を告知義務といいます。
告知の方法は医師の健康診断を受けない保険契約の場合は、「告知書」に書きます。
医師の健康診断を受ける保険契約の場合は医師が告知書に基づいて質問した事項について答えていきます。
現在の健康状態や過去の病歴によっては保険料が割り増しとなったり、保険加入を拒否されたりする可能性もあります。 現在の健康状態や過去の病歴の告知をしなかった場合、そのときは保険に加入できます。けれども、もし契約後に入院や死亡などで保険を使うことになったときに、生命保険会社からの調査が入ります。
契約時の告知が正確でなかったことがわかると、告知義務違反となって保険会社は保険契約を解除することができ、保険の契約は無効になって保険金が支払われなくなります。保険会社が契約者の告知義務違反を理由に保険契約を解除できるのは契約後2年となっています。告知義務違反に違反して解除された場合でも解約返戻金は支払われます。

保険販売員のなかには契約がほしいために告知をしなくてよい、という人もいるかもしれません。けれども保険販売員が告知をしなくてよい、といったからといっても告知義務違反にはちがいありません。
現在の健康状態や過去の病歴などをありのままに報告すれば問題にはなりませんので、ありのままを伝えましょう。


生命保険に関するQ&A


生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

【生命保険のお役立ちサイト】



女性入院保険『フェミニーヌ』