子ども保険とは?
<生命保険の基本>


子ども保険とは?


<生存保険・・・個人年金保険、子ども保険>

子ども保険は子どもが被保険者となって、親が契約者になります。子どもの入学や進学などに合わせて祝い金や祝い金 や満期保険金を受け取ることができるので、子どもの教育や結婚資金の準備に利用されることが多いです。
子どもが満期時に生きていれば保険金を受け取ることができます。また、万が一親(契約者)が死亡した場合には、 その後の保険料を支払わなくてもよくなり、祝い金や満期保険金は契約どおりに受けてることができます。子どもが死亡した場合には 死亡給付金が出ますが、金額は小額です。

生存混合保険とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る

【生命保険のお役立ちサイト】



女性入院保険『フェミニーヌ』