ライフステージごとの死亡保障、医療保障の必要保障額
<生命保険の応用知識>

ライフステージごとの死亡保障、医療保障の必要保障額


人生には、結婚,子供の誕生、退職,生活など、いくつかの段階(ライフステージ)があります。ライフステージで死亡保障、医療保障などの必要な保障額が変わってきます。ここではおおまかにライフサイクルでの死亡保障、医療保障の必要額の変化を見ていきましょう。
これはあくまでも一般的な考え方についてです。実際にはあなたの状況によって必要保障額は違ってきます。

<独身>
死亡保障
扶養家族がいないので、遺族の生活保障を考える必要はなく大きな死亡保障は必要ありません。けれども葬儀費用は用意したいものです。定期保険でよいですが、若いうちに終身保険に入っておいてもよいでしょう。
医療保障
入院する可能性は誰にでもありますので、医療保障は加入してましょう。若いうちに加入するのなら、「終身タイプ」を選ぶとよいでしょう。掛金負担とのかねあいを考えて加入しましょう。

ポイント ・・・ケガや病気などの医療保障に重点をおきます。

<結婚>
死亡保障
大きな死亡保障は必要はないのですが、妻が専業主婦になればある程度の保障は必要になります。独身の時よりも保障は厚くしておきたいものです。 妻に収入があるのならば独身の時と同じでもよいと思います。
医療保障
入院する可能性は誰にでもありますので、医療保障は加入しておきましょう。若いうちに加入するのなら、「終身タイプ」を選ぶとよいでしょう。
女性側
女性医療特約などの加入をできればしておくとよいでしょう。

ポイント ・・・妻のために死亡保障を少し厚くします。

<子どもの誕生>
死亡保障
妻だけでなく子どもへの扶養義務が生じるので必要な死亡保障額は大きくなります。一般的には末子が生まれたときに必要保障額は一番大きくなります。また、必要な死亡保障額は子供の成長に合わせて減っていきます。このため、終身保険や定期保険に加えて毎年自動的に保障額が減っていく逓減定期保険や、収入保障型などに加入してもよいでしょう。
医療保障
病気・ケガに備える 医療保険にまだ加入していない場合は、なるべく早く加入しておきましょう。入院する可能性は誰にでもあります。

ポイント ・・・死亡保障を厚くします。

<退職した場合>
死亡保障
退職した時に退職金が支払われます。また、子供も成長し、年金受給も近くなってくるので必要死亡保障額も少なくなります。老後の必要な死亡保障額はお葬式代に程度でよいでしょう。
医療保障
高齢になるにつれ、病気やケガなどの確率も高くなります。医療保障・入院保障などをより充実させましょう。不要な保険がある場合は解約や減額し、介護保険や老後の生活費を確保するための保険などにお金を回すとよいでしょう。

ポイント ・・・医療保障や介護保障に重点をおきます。

これらをもとにして保険の見直しをしたいところですが、その前に私たちには強制的(自動的)に加入している保険があります。その公的保険(社会保険)を次ページでみていきましょう。


公的制度(社会保険)からもらえるお金とは?

生命保険・自動車保険のわかりやすい解説サイトのトップページに戻る